羽田・国内線 第1ターミナルラウンジ情報(JALサクララウンジ・エアポートラウンジ)

▼羽田・国内線 第1ターミナルラウンジ情報(JALサクララウンジ・エアポートラウンジ)

羽田空港国内線第1ターミナルのラウンジ情報についてご紹介する。

国内線第1ターミナルはほぼJAL専用となっていて、主に2種類のラウンジが存在する。

1つはJALのサクララウンジ、もう1つは各種ゴールドカードなどのクレジットカードで入れるクレジットカードラウンジ。
クレジットカードラウンジは3箇所ある。

1.【航空会社ラウンジ】JAL サクララウンジ

まず該当しない方にとっては残念なお知らせとなってしまうかもしれないがサクララウンジは、入るには以下の条件があり、JALに頻繁に搭乗している上級会員でないと入れない。

・JAL上級会員JMBサファイア以上
(クリスタル会員でもラウンジクーポンで年間数回までは使用可能)
・ワンワールドステイタス会員のエメラルドもしくはサファイア会員
・JAL国内線ファーストクラスに搭乗の場合
・JAL国際線ファースト・ビジネスクラスで乗り継ぎの場合
・資格なくても事前登録の上、3,000円でも入場可能

→(参考)羽田空港・国内線サクララウンジHP

受付はラグジュアリーな感じ。ラウンジ全体は十分な広さとなっている。

・入口
haneda-sakura-lounge-entrance

・受付前エスカレーター
サクラランジ階段
受付前は高級感ある雰囲気♪

・受付
sakura

・中は広々
Diamond_Premiere_Lounge_of_Tokyo_International_Airport_Domestic03s3_jpg__4912×3264_

スペース的には十分ありかなりゆったりできる。仕事をするときなどは、とてもおすすめなラウンジだ。当然のことながら会員ラウンジなので、WIfiは無料。

サクララウンジには有料でも入ることできるものの、国内線のサクララウンジの場合は飲み物はあるものの、食べ物はなく、個人的には3,000円ほどの価値は感じなかった。サクララウンジに入れない場合はクレジットカードラウンジへ行こう!

 

2.【クレジットカードラウンジ】エアポートラウンジ

エアポートラウンジは北、南、中央の3箇所あり、どれも主にクレジットカードのゴールドカード会員が入れるカードラウンジとなっている。クレジットカードがなくても、お金を出せば入ることも可能。

エアポートラウンジ南

エアポートラウンジの営業時間・料金は以下の通り。

エアポートラウンジのご案内___羽田空港ターミナル_BIG_BIRD

・入るのに、必要なクレジットカード一覧

エアポートラウンジカード種類

関連記事

注目記事

  1.   ▼航空会社ビジネスクラス格付けランキング! 世界を股にかけるビジネスマン御用達のビジネス…
  2. ▼ハピタスの期間限定優良案件を効率的に見つけマイルを貯める方法 ハピタスはよ…
  3. <最新2017年版> ANAマイルをお金を使わずして劇的に貯める方法【仕組理解・準備編】 …
  4.   裏技が減少した近年のマイレージプログラム マイレージプログラムは、導入初期においては…
  5. ソラチカカードは、陸マイラー必須のANAカードとして、 広くマイレージトラベラーに知られる…

マイレージ ランキング

ページ上部へ戻る