海外の旅先でSIMカードを使おう!バンコク・スワンナプーム国際空港でSIMを購入してみた

海外の旅先でスマホでインターネット回線を使いたい場合は、現地のプリペイドのSIMカードを購入するとすごく便利。

SIMフリーのスマホがあれば、設定いらずでめちゃくちゃ簡単なのだ。


国内と同じようにスマホでネット回線が海外でも使えると何かと便利。


現地で迷ったときGoogle Mapを活用したり、
分からないことがあったらその場でネットでリサーチしたりということもお手軽にすることができる。


これはマイレージトラベラーたるもの使うしかないだろうということで、
今回は一例としてバンコクのスワンナプーム国際空港でタイ現地のプリペイドSIMカードを購入する方法を書いてみた。

観光者用のSIMカードだからめちゃくちゃ格安なのだ。

タイのインターネット環境

実際にタイでインターネットを様々な場所や方法で使ってみた感想としては、東南アジアの中でも良いネット環境だと感じた。

バンコク市内では電源やWifiを使えるカフェも多いし、ホテルでWifiがあるのが普通。

バンコクだけでなく、パタヤ、チェンマイ、プーケットなどでも同じようなネット環境が確保することができる。カフェやホテルなど、特定の場所であれば普通の旅行者であれば十分かもしれない。

僕はと言えば「街中どこにいてもいつもインターネットに繋がっていないと落ち着かない!」という人(笑)

そこで今回は、タイのバンコクのスワンナプーム国際空港ですぐにSIMカードを購入するための方法を書いてみた。
 
 

SIMカードを利用するのに必要なモノ

 

SIMカードを使うためにはタイに行く前にまず準備しておかなければならないモノがある。

それはSIMフリーのスマートフォンもしくはSIMフリー携帯

もしもあなたが日本で使っているスマホが、ソフトバンク(softbank)、ドコモ(docomo)、auで契約したスマホ(iphoneも含む)だとするとそのままでは使えない。

その場合は、必ず日本で事前に近くの携帯ショップでSIMロック解除をしてもらう必要があるので注意。

その解除するための手数料は約3,000円ほど。

SIMロック解除すると契約した携帯会社以外でもインターネットや通話できるようになる。

携帯会社経由で購入できるiPhoneだと色々制約もあったりする。

気になる方は以下のリンクの記事に詳しく書かれているので読んでみてください。

http://www.iphone-kakuyasu-sim.jp/unlock-method/iphone-unlock-guide/

で、読んでみようとしてみるとわかりますが、理解するのも、解除作業するのも、とてもめんどくさい(笑)

解約するにも大手キャリアだと色々と縛りがありますしね。携帯会社で契約してから、解除するのも一手間だ。


ちなみに僕の場合は、考えるのが面倒だし元々iPhone愛用者ということもあり、
Appleサイトで購入したSIMフリーのiphoneを購入して、これを国内でも海外旅行でも愛用している

Appleサイトで販売されているiPhoneは全てSIMフリーとなるので解除なんてのは気にせずどんなSIMカードでも使えます。
(*もちろん他社のSIMフリー携帯・スマホでも OK。)

(参考)Appleサイト:iPhone

 
 

バンコク・スワンナプーム国際空港での「SIMカード」の購入方法!


タイ旅行ではスワンナプーム国際空港は日常的に必ず立ち寄ることになる空港。
このスワンナプーム国際空港は、東南アジアでも最大規模の国際ハブ空港だ。

そんなスワンナプーム国際空港では、タイ現地で使用できるSIMカードが購入可能。空港に到着して到着ゲートを出るとすぐにSIMフリー販売のショップがいくつか見つけることができる。

ゲートを出てその付近を見回してみれば迷うことなくすぐに見つかるレベルだ。すぐに見つかるSIMカードショップは「AIS」, 「DTAC」というキャリアのショップ。

こちらはDTACのショップ。観光客が多く並んでいた。

私は「DTAC」のSIMカードを購入してみた。

ショップまできたら、あとは楽勝。

店員さんにSIMカードを買いたい!(I want to buy SM card.)と伝えよう。

僕は6日間以内の滞在だったので7日間の299バーツ(=約千円)を選びました。

このプランは1.5GBまでネットが使い放題!

1.5GBあればネット、メール、LINE, FacebookなどのSNSを使うくらいなら十分持つ。

動画とかみない限りは大丈夫なはず。実際僕の場合、最終日でもいつも数百MB以上余っていた。

設定は店員さんにお願いすれば手慣れたものであっという間に設定してくれる。

実際には、設定というほどでもなくSIMカードを単に入れ替えてスマホを再起動するだけ。

僕の場合は、運よくキャンペーン中だったのか4GBも使えた。
(2017年5月時)

こちらはその時の案内です。

見方は簡単で左が日数で、右側に使用可能容量(GB数)、無料通話分が書いてある。

僕はキャンペーンしていた一番上の7日4GBを選んだ。

ちなみに無料通話分は、タイ国内での通話を前提とされている。

タイ国内であればそれなりに話せますが日本へかけるとすぐに無料文はなくなるのでご注意ください。

もちろん、国内と同じく、ネット回線だけを利用してLINEで通話することは可能。

そのためLINEなどのアプリを活用すると便利。

契約日数を過ぎるとSIMは使えなくなる。

返却する必要はなく、帰国したら国内で使用しているSIMカードへ入れ替えて、タイのSIMカードは廃却するだけでOK。
 
 

SIMカードのネット環境は?

DTACのSIMフリーカードを使ってみたところ、全然問題なし。

バンコクどこにいてもサクサク使えた。
バンコクだけでなくパタヤ、プーケット、チェンマイでも「問題なし」。

格安で国内と同じく普通に海外でスマホのネット回線を使えるのは思った以上に快適。

旅行でタイでネットを使うなら、タイのSIMカードを活用してみよう。

 
 
 

追伸

今回はたまたまタイでSIMフリーを試してみましたのでその例を紹介してみた。

使ってみた感想としては、道に迷った時にGoogle Mapをしたり、
調べ物したり、LINEなどを使って知人とコンタクトしたりと大活躍だった。

タイに限らず他の国でも観光が盛んなところであれば、こういったSIMサービスは必ずやっているはず。

今後はタイに限らず、様々な旅先でもSIMフリーiPhoneとSIMカードサービスを積極的に活用していこうと思った次第です。

今度海外に行くときはぜひSIMフリーの活用を考えてみよう♪

(参考)Appleサイト:iPhone

関連記事

注目記事

  1.   ▼航空会社ビジネスクラス格付けランキング! 世界を股にかけるビジネスマン御用達のビジネス…
  2. ▼ハピタスの期間限定優良案件を効率的に見つけマイルを貯める方法 ハピタスはよく…
  3. <最新2017年版> ANAマイルをお金を使わずして劇的に貯める方法【仕組理解・準備編】 …
  4.   裏技が減少した近年のマイレージプログラム マイレージプログラムは、導入初期においては…
  5. ソラチカカードは、陸マイラー必須のANAカードとして、 広くマイレージトラベラーに知られる…
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

マイレージ ランキング

ページ上部へ戻る